正しいソファーの選び方

腰痛

正しいソファーの選び方

北山建築さんの「こころくばり」第126号(2019年10月号)に載っちゃいました(^^)

正しいソファーの選び方

松阪市の有限会社北山建築さんが毎月発行している「こころくばり」第126号に載っちゃいました。腰痛の人は、ぜひご参考ください。正しいソファーの選び方です。

以下に掲載された内容をご紹介します。

正しいソファーの選び方

秋の夜長、これから『読書』や『映画鑑賞』、『家族でにぎやかで楽しいおしゃべりの時』などの時間が長くなりますよね。ゆったりと落ち着いた時間を過ごすために椅子やソファの座り心地はとても大切。ついつい、、デザインに目が行きがちなインテリアですが、椅子やソファは選び方を間違えると腰痛の原因にもなりかねません。

ご家族の中で腰痛にお困りの方がみえたら要注意!

それはもしかすると、ソファーの選び方で解決できるかもしれません。腰のカーブがうまくできていないことが腰痛の一因になります。そう教えてくださったのは、想ほーむのオーナー様で整骨院を営む“濱口哲治”さん。

下記に該当するもののある方は、ご自宅のソファーを変えるだけで痛みが取れる可能性があります。

  • 床に座ることが多い
  • ソファーが柔らかい
  • 机と椅子の高さがあっていない
  • ソファーの背もたれが低い
  • 床に座ると骨盤が後ろに傾くので、腰痛を出しやすい一番の原因となります。
  • ソファーが柔らかいと座った時は気持ちいいのですが、長時間座っていると背中が丸まり、これも骨盤が後ろに傾きます。
  • 高さがあってないと前にかがむことが多く、これも骨盤が後ろに傾きます。
  • 背もたれがないソファーは首を支えることができないので、もともと腰痛のある方には、背もたれが高いものをお勧めします。理想はヘッドレストがあるものがいいですが、なかなかおしゃれな家具ではそのようなものがないので、肩のたかさまであるものを選びましょう。

私の自宅も低いソファーを使っていたのですが、高いものに変えたら嫁さんから、「なんか座ってて楽ー(^^♪」と、ソファーに座っている時間が増えました。

まとめ

骨盤が後ろに傾かない環境を作る

背もたれの高いものを選ぶ

座っても沈まないくらいの硬さソファーを選ぶ

お困りの腰痛が楽になりますよー。ソファー選びの考え方の一つとしてもらえるといいと想います!

KOKORO HOMEさんのご紹介有限会社 北山建築
住所三重県松阪市新町995
tel&fax0598-25-2820/0598-25-2830
HP https://kokorohome.co.jp

ストレート系カイロプラクティック院長ブログ【ストレート系でボキボキが怖い人も安心!】前のページ

休診のお知らせ次のページ休診のお知らせ

ピックアップ記事

  1. News Letter no.01
  2. News Letter no.17
  3. News Letter no.38
  4. News Letter no.21
  5. 正しいソファーの選び方

関連記事

  1. newsletter36

    news-2017

    News Letter no.36

    しつこい痛みからサヨナラするサポートが得意です。まつさか整骨院 院長…

  2. newsletter08

    news-2015

    News Letter no.08

    肩、首、腰、ひざの痛みとサヨナラするサポートをしています。まつさか整骨…

  3. 古谷式軸トレ

    フルタニ式 軸トレ塾

    フルタニ式 軸トレ塾 第10クール

    【腹筋トレーニングの弊害からの解放】今回は陸上部指導者の方が…

  4. 皇后杯初戦

    トレーナー活動

    皇后杯初戦

    先週の日曜日に三重高校グランドで皇后杯初戦が行われました。実戦がコロ…

  5. 新年のご挨拶

    院長ブログ

    新年のご挨拶

    新年明けましておめでとうございます。当院も4月11日で15年…

  6. ストレート系カイロプラクティック

    カイロプラティック

    院長ブログ【ストレート系でボキボキが怖い人も安心!】

    ボキボキが怖いと言ってみえる患者さんに耳寄りな話先日は、まつ…

まつさか整骨院公式ホームページ

おすすめ記事

  1. バレンタインデー
  2. newsletter64
  3. 正しいソファーの選び方
  4. ニュースレター第57号
  5. newsletter43

最近の記事

  1. ニュースレター第84号
  2. ニュースレター第83号
  3. ニュースレター82号
  1. newsletter no.15

    news-2016

    News Letter no.15
  2. ニュースレター第37号

    indepth

    News Letter no.37
  3. トレーナー

    トレーナー活動

    トレーナー活動
  4. お知らせ

    院長不在のお知らせ
  5. newsletter第6号

    news-2015

    News Letter no.06
PAGE TOP