news-2022

Newsletter no.89

健康な身体づくりをお手伝いする仕事をしています。まつさか整骨院 院長 濱口哲治です。

少しずつ暖かい日も増えてきました。最近は、新しく来院される患者さんが多く来られるようになりました。そこで今号では、改めて「整骨院を効果的に活用するには?」についてお話しします。

いつまでに治したいのか?と根本原因を知ること

患者さんは何らかの痛みがあって来院されますが、まつさか整骨院では、患者さんと院長で話し合いながら「いつ頃までに、どこまで治したいのか」を決めて治療を進めています。

すぐ痛みを取りたい

例えば、「すぐに痛みを取りたい。痛みさえとれればいいです」とお考えの患者さんには、1~3回の施術で結果を出す施術を提供しています。

中には、次の試合にどうしても出るために期限を決めて来られる選手もいます。

じっくり痛みの原因を取り除きたい

一方で、「痛みの根本から改善して、痛みのない生活を取り戻したいです」とお考えの患者さんには、触診や最新の機器で全身の状態をチェックして原因を特定する根本療法でじっくり治療に取り組み、痛みの原因を取り除いて生活習慣を改善するサポートを提供しています。

例えば・・

腰痛や肩こり、身体のだるさといった不調は、歪みからくるもの、筋肉の緊張などのほかに、実は胃や腸、肝や脾などの内臓が原因で不調の症状が現れることがあります。根本原因が内蔵の冷えにあるとき、そこを改善しないと痛みが再発することも考えられるため、お灸などで内臓をじっくり温める治療を繰り返しやっていく必要があります。

またスポーツを頑張っているお子さんの場合は、長期間、同じ動作を繰り返すことで筋肉や骨、腱や靱帯の使いすぎから、慢性的な痛みが生じるスポーツ障害が生じます。初期段階で違和感を感じているのに十分ケアせずにいると慢性化や重症化してしまいます。初期段階での早期ケアが重要ですので、しっかり原因を捉えて治療していくことが大切です。

痛みをいつまでに取り除きたいのか、根本原因を把握してしっかりと治癒していくのか

患者さんそれぞれの目的によって、治療の方法が変わってきます。しっかりと原因を把握して、目標設定をしましょう。

なぜ通院する必要があるのかを、しっかりご自身で理解した上で治療に向き合うことが大切です。もし痛みが無くなったからといって通院を止めてしまうと、かえって完治まで時間がかかってしまうのです。

目的に合った治療を進めるために、しっかり院長に相談をしてください。健康な身体づくりを、当院はしっかりサポートしていきます。

今回は、「整骨院を効果的に活用するには?」についてお話ししました。

皆さんの生活が少しでも豊かになればと思います。 まつさか整骨院を、今後ともよろしくお願いします。

Newsletter no.88前のページ

News Letter no.90次のページ

ピックアップ記事

  1. News Letter no.58
  2. News Letter no.21
  3. 正しいソファーの選び方
  4. News Letter no.43
  5. News Letter no.17

関連記事

  1. newsletter63

    news-2019

    News Letter no.63

    スポーツ選手が試合でパフォーマンスを発揮する体作りをお手伝いする仕事…

  2. news-2023

    News Letter no.104

    人生をより豊かにするお手伝いをしています。まつさか整骨院 院…

  3. news-2023

    News Letter no.102

    健康な身体づくりをお手伝いする仕事をしています。まつさか整骨院 院長…

  4. ニュースレター第37号

    indepth

    News Letter no.37

    仕事で忙しくて時間がない社会人の成功をサポートしています。まつさか整…

  5. news-2023

    News Letter no.106

    健康で豊かな日々をサポートしています!まつさか整骨院 院長 濱口です…

  6. newsletter29

    news-2017

    News Letter no.29

    スポーツをがんばる子供たちを応援します!まつさか整骨院 院長 濱口哲…

まつさか整骨院公式ホームページ

最近の記事

  1. News Letter no.110
  2. News Letter no.109
  3. News Letter no.108
  4. News Letter no.107
  5. News Letter no.106
  1. お知らせ

    休診のお知らせ
  2. newsletter29

    news-2017

    News Letter no.29
  3. news-2022

    News Letter no.93
  4. トレーナー活動

    トレーナー活動
  5. newsletter第6号

    news-2015

    News Letter no.06
PAGE TOP