ぎっくり腰原因

患者さんから聞かれます

患者さんによく聞かれる「なぜぎっくり腰になるんですか」

先日、ぎっくり腰のお話をしたと思うのですが、 なぜぎっくり腰になるのでしょうか?

それは、ぎっくり腰になる名人だからです。

変な言い方ですが、患者さんに同じような質問をされるのでこのように説明します。

日常生活のくせ習慣が、身体の状態を左右します。腰がいつも痛くなる、よくぎっくり腰になるという方は、ぎっくり腰になる生活習慣のプロ!なんです。

腰の痛みが出たかったら、私と同じ生活してね!

とても上手に腰痛になれるよ!

と話をさせてもらってます。これをお話しすると苦笑いをよくされますが、なるほど!確かにそうゆうことかと納得していただきます。

私も、患者さんと同じ生活習慣を繰り返し行えれば 腰痛になることができますよーと、よく話に出るのが、床に座るんですよー です。

何気ない日常がぎっくり腰の原因になっている?!

寒い時期、コタツが暖をとる手段となっていることが多いと思いますが、床に座ると、腰椎の前弯がなくなります。

そうすると、骨盤が後ろに傾き腰椎の関節の噛み合わせが悪くなります。

家でいうと立て付けが悪くなるようなもの。

そうすると、補強をしないといけないですよね。そのために、人間は筋肉で補強します。

長い時間ゆっくり力を出すのが得意なインナーマッスル。
よく言われる姿勢保持筋です。

重いものを持ったりする時に大きな力を出すアウターマッスル、筋トレすると、ムキってする外から見える筋肉です。

この筋肉は大きな力を出すのは得意ですが、長い時間は苦手。

陸上に例えると、インナー=マラソン、アウター=短距離走です。

補強するには、バランスを崩した骨を支えるのに、アウターで支えてしまうことが多く、この筋肉が緊張が強くなり痛みが出ることが多いです。

なので、床に座るのは、よくないんです。

当院では、床に座る生活が多い患者さんにも、腰前弯を取り戻すための運動をお伝えしています。

私も床に座ることが多くて、腰が痛くなることが多い!という方は、一度当院にご相談ください。

院長ブログ季節の変わり目、温度変化の多い時期には前のページ

松阪市の中学校にて、バドミントン部の皆さんに講習会を実施してきました。次のページ講習会の様子

ピックアップ記事

  1. News Letter no.17
  2. News Letter no.12
  3. 整骨院でチョコレートが買える?!
  4. News Letter no.01
  5. News Letter no.06

関連記事

  1. まつさか整骨院ニュースレター第2号

    news-2014

    News Letter no.02

    どうして1回の通院で全てを治さないかご存知ですか? (さらに…

  2. 整体お役立ち情報

    コルセットの装着方法

    腰痛に悩まされているけど、仕事や日常生活で動かないわけにはい…

  3. newsletter第6号

    news-2015

    News Letter no.06

    交通事故の被害にあわれた人にも安心して治療に専念できる環境と情報を提…

  4. news-2021

    News Letter no.85

    健康な身体づくりをお手伝いする仕事をしています。まつさか整骨院 院長…

  5. newsletter32

    indepth

    News Letter no.32

    がんばってきたのにケガで試合に出られないなんてもったいない!スポーツ…

  6. news letter no.12

    news-2015

    News Letter no.12

    病気やケガに強い身体づくりに貢献しています。まつさか整骨院 院長 濱…

まつさか整骨院公式ホームページ

最近の記事

  1. News Letter no.115
  2. News Letter no.114
  3. News Letter no.113
  4. News Letter no.112
  5. News Letter no.111
  1. ニュースレター67号

    news-2020

    News Letter no.67
  2. news-2022

    News Letter no.92
  3. news-2023

    News Letter no.102
  4. news-2024

    News Letter no.114
  5. newsletter51

    news-2019

    News Letter no.51
PAGE TOP