newsletter66

news-2020

News Letter no.66

スポーツ選手がベストパフォーマンスを出す体作りをお手伝いする仕事をしています。まつさか整骨院 院長 濱口哲治です。

ニュースレター66号
クリックするとPDFでご閲覧いただけます。

今回は、「伸展力をつける」についてお話しします。

伸展力ってなに?

伸展の図解

伸展力は、運動するときに使うチカラです。人は、運動をするときに伸展力を消費します。運動の中には、曲げる動きが多く含まれているので、伸展力を大きく消費するため、長い時間運動をすると、伸展力が少なくなりパフォーマンスが落ちてしまいます。

運動で力を入れるとき、人は体を伸ばします。

サッカー少年

たとえば、思い出してみてください。サッカーのキックのときに足を伸ばします。野球のピッチャーは投げるときに腕を伸ばしますよね。

筋肉には、「伸びたら縮む」という特性があります。筋肉を伸ばし続けるといつかは断裂してしまうため、一定まで伸ばしていくと、ゴムのように縮もうとする働きが起こります。最大伸展と最大収縮は密接に関係しているのです。

使用頻度が高い広背筋と腹筋

広背筋は背中を覆っている筋肉で、主に引く動作で働く筋肉です。腹直筋はお腹を覆っている筋肉で、仰向けの際に起き上がる時のように、体を前に曲げるために主に働きます。

広背筋と腹筋は拮抗筋といって、運動する際に、正反対の動きを持つ筋肉です。

筋肉は「収縮と伸展」で動きます。主動筋が縮む時に拮抗筋が伸びて、主動筋が伸びている時には拮抗筋が縮んでいます。両方を意識的にバランスよく鍛えましょう。

広背筋と腹筋は、使用頻度が高く、鍛える必要性が高い筋肉です。それぞれの使用頻度が比率2対1ですから、腹筋を100回するなら、背筋は200回必要です。

痛みなくプレーしたいなら、例えば

背筋1セット→20伸展力が貯まる

サッカーの試合→100消費する

マイナスになると→怪我発生

と仮定すると、痛みなくプレーする為には、背筋×5セットが必要です。
以上のことから、伸展力を貯金しましょう!

まとめ

トレーニング方法は、ポールストレッチ、猫ちゃん、ゴリラなどです。これらを続けていくことで、伸展力の貯金ができます。怪我や痛みなくプレーするために、今から始めて、続けていきましょう。
(腿裏のストレッチや足曲げ腹筋はお勧めしません。やめましょう)

スポーツ選手が最高のパフォーマンスを出せるよう、当院はしっかりサポートしていきます。

今回は、「伸展力をつける」についてお話ししました。

皆さんの生活が少しでも豊かになればと思います。まつさか整骨院を、今後ともよろしくお願いします。

ピックアップ記事

  1. News Letter no.16
  2. News Letter no.27
  3. News Letter no.38
  4. News Letter no.12
  5. News Letter no.43

関連記事

  1. ニュースレター第60号

    news-2019

    News Letter no.60

    骨盤のズレを正して、上手くなりたい選手の体づくりをお手伝いする仕事を…

  2. newsletter41

    news-2018

    News Letter no.41

    身体に痛みのある人生にサヨナラするお手伝いが得意なまつさか整骨院 院…

  3. newsletter第6号

    news-2015

    News Letter no.06

    交通事故の被害にあわれた人にも安心して治療に専念できる環境と情報を提…

  4. news letter20

    news-2016

    News Letter no.20

    猫背の改善など、姿勢の矯正を通して痛みをなくす仕事をしています。まつ…

  5. newsletter64

    news-2020

    News Letter no.64

    痛みを早く取り除いて元の健康を取り戻すお手伝いする仕事をしています。…

  6. newsletter48

    news-2018

    News Letter no.48

    季節の変わり目の身体の不調にも対応できる仕事をしています。まつさか整…

まつさか整骨院公式ホームページ

おすすめ記事

  1. バレンタインデー
  2. newsletter64
  3. 正しいソファーの選び方
  4. ニュースレター第57号
  5. newsletter43

最近の記事

  1. newsletter68
  2. コロナウイルス対策
  3. GWの施術案内
  4. コロナウイルス対策
  1. ぎっくり腰原因

    患者さんから聞かれます

    患者さんによく聞かれる「なぜぎっくり腰になるんですか」
  2. 軸トレ塾

    パフォーマンス向上

    フルタニ式 軸トレ塾 11クール
  3. コロナウイルス対策

    お知らせ

    コロナウイルス対策のご案内
  4. ニュースレター65号

    news-2020

    News Letter no.65
  5. ニュースレター第4号

    news-2015

    News Letter no.04
PAGE TOP