まつさか整骨院ニュースレター第2号

news-2014

News Letter no.02

どうして1回の通院で全てを治さないかご存知ですか?

ニュースレター第2号
クリックしてPDFファイルでご確認

例えば、腰痛の場合、背骨や股関節、そして筋肉に問題があって足の長さが変わるために痛みが出ていることが多いです。
なので、1回目の治療では、まず背骨の治療からスタートします。

では、なぜ、1回目の治療から、背骨や股関節、筋肉の治療に入らないのでしょうか?

理由の1つは、一度にそれら全てを治療してしまうと、どこに本当の原因があるのかの判断が難しくなり、全体をまんべんなく治療していくしか方法がなくなるため、治療に時間とお金がたくさんかかってしまいます。

喩えるなら、発熱したときに市販されている総合風邪薬を服用するのと、医師に処方された解熱剤を服用するのとでは、どちらが早く治ると思いますか?後者ですよね。
それと同じで、ピンポイントで原因を把握して治療していった方が効果的で、かつ患者さんへの負担が少なくて済むのです。

このように、患者さんにとってベストな治療を考えたところ、以下のような流れで腰痛を治癒し、さらに健康な身体へ戻すサポートをしています。

施術スケジュール

早い人では、1回目の治療で痛みがほとんど感じなくなるぐらいにまで治癒されるケースもありますが、実は、本当の意味では治っていません。
喩えるなら、家の柱が折れて曲がり、壁も傾いている状態であったときに、柱だけを交換すると一時的に家の状態は良くなりますが、そのまま放っておくと壁が崩れて家は壊れてしまうことになります。
これと同じで、背骨だけが治って放っておくことは危険で、股関節でいえば、背骨が傾いた影響で緩んでしまっていることが多いので、背骨を治した後に股関節のネジを締めておく必要があります。

当院では患者さんの症状や年齢などに応じて、オーダーメードで治療のプランニングを提供していて、例えば、高校生の肉離れの場合だと「1回目は筋肉、2回目は関節、3回目は骨格の歪みの矯正、…」などのように、患者さんの痛みの原因を浮き彫りにして健康になるようにサポートしています。

そこで、説明を受けているかもしれませんが、ぜひもう一度、院長らに、 「私が痛みから解放されて健康な身体になるまでの通院プランを教えてください」 と尋ねてみてください。
きっと安心して、治療に専念頂けると思います。

痛みのある人生から、自由になることを患者さんの視点でサポートしています。 まつさか整骨院をよろしくお願いします。

ニュースレター第1号 痛みが再発しない秘密News Letter no.01前のページ

News Letter no.03次のページニュースレター第3号

ピックアップ記事

  1. 正しいソファーの選び方
  2. News Letter no.16
  3. News Letter no.01
  4. News Letter no.58
  5. News Letter no.38

関連記事

  1. ニュースレター第4号

    news-2015

    News Letter no.04

    分かりやすく伝える力で患者さんの中にある治癒力を高めることが得意で…

  2. newsletter no.14

    news-2015

    News Letter no.14

    来院された患者さんの痛みをとるのは当たり前。それ以上の付加価値を提供…

  3. ニュースレター第33号

    news-2017

    News Letter no.33

    子どもが成長痛と診断されてもご安心ください!やりたいことを思いっきり…

  4. news letter71

    news-2020

    News Letter no.71

    怪我のない身体づくりをお手伝いする仕事をしています。まつさか整骨院 …

  5. news letter no.11

    news-2015

    News Letter no.11

    スポーツで限界突破するお手伝いが得意です。まつさか整骨院 院長 濱口…

  6. news-2021

    News Letter no.85

    健康な身体づくりをお手伝いする仕事をしています。まつさか整骨院 院長…

まつさか整骨院公式ホームページ

おすすめ記事

  1. バレンタインデー
  2. newsletter64
  3. 正しいソファーの選び方
  4. ニュースレター第57号
  5. newsletter43

最近の記事

  1. news letter20

    news-2016

    News Letter no.20
  2. ニュースレター第7号

    news-2015

    News Letter no.07
  3. お知らせ

    院長不在のお知らせ
  4. ニュースレター67号

    news-2020

    News Letter no.67
  5. ニュースレター第31号

    news-2017

    News Letter no.31
PAGE TOP